阪急の広告が炎上中 「仕様書通りに作るエンジニアは要らない。世の中にないものを作るのだから」

1: 2019/06/11(火) 19:26:25.46 ID:Qt0kyQMI0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
これ「働かせたい言葉」? 阪急炎上「はたらく言葉たち」批判殺到の理由を考える

阪急電鉄の広告ジャック企画「ハタコトレイン」が炎上し、中止になった問題で、ネットの批判は企画のもとになった
「はたらく言葉たち」にも向けられています。

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1906/11/l_sk_hataraku_01.jpg

中止に追い込まれた「ハタコトレイン」は、企業ブランディングを手掛ける「パラドックス」(東京都港区)と阪急電鉄が
コラボした企画。パラドックスがまとめた書籍『はたらく言葉たち』から選んだ言葉を車内広告として掲出する──というものでした。
ニュースリリースでは「平成の時代に紡がれた働く人々の熱い言葉たちを、新しいワークスタイル(仕事=志事)を
再発見するきっかけとして令和の新時代に提供いたします」と意気込んでいました。

(中略)

同時に注目を集めたのが「はたらく言葉たち」という企画です。企画主のパラドックスによると、

 会社の中核を担う社員様のヒアリングの中で毎回のように紡ぎ出されるのは、働くことにまつわる名言たち。
 これを自分たちだけで、とどめておくのはもったいない。
 この言葉を、もっと多くの人に届けることで、働くことにやりがいや誇りを見出だすきっかけにならないだろうか

──と、こうした“言葉”をまとめて発信しているのだそうです。阪急の車内に掲示したのは「選りすぐった熱い志を
持って働く人々の言葉」(ニュースリリースより)とのことなので、前出の「毎月50万円~」という言葉は選りすぐられたもの
だったということになります。

この「はたらく言葉たち」ですが、Twitterを見ると阪急電鉄の企画取り止めが発表された後も批判が収まっていません。
サイトではリロード(更新)するたびにさまざまな“言葉”が現れるのですが、その中でも、

 甲子園に行きたかったら、
 朝から晩まで、土日だって練習するでしょう。
 でも、社会に出たとたんに、それは「ブラック企業」になってしまう。
 人材サービス/経営者・50代

 仕様書どおりにつくるエンジニアはいらない。
 まだ世の中にないものを、作ろうとしているのだから。
 半導体製造装置メーカー/経営者・60代

 上司がイケてないって?
 その上司にちゃんと向き合えていないお前がイケてないんだろ。
 飲食/経営者・40代

──といった“言葉”への強い違和感がTwitterでは多く投稿されています。

続きはソースで
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1906/11/news089.html

no title

no title

no title

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1906/11/news089.html

/* */

http://static.adroute.focas.jp/js/adroute_ads.js

引用元: 阪急の広告が炎上中 「仕様書通りに作るエンジニアは要らない。世の中にないものを作るのだから」


続きを読む

Source: ニコニコVIP2ch
阪急の広告が炎上中 「仕様書通りに作るエンジニアは要らない。世の中にないものを作るのだから」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする